シニア世代の女性の股関節痛 「変形性股関節症」とその画像

股関節痛 股関節の痛み

脚の付け根の違和感や痛み、股関節の可動範囲が狭くなったなどシニア世代の女性が抱える股関節の不調の90%以上は変形性股関節症という病気が原因となります。

スポンサーリンク


変形性股関節症

股関節は大腿骨の骨頭といわれる丸くなった部分が骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)といわれるくぼみの部分にはまって構成されてます。 その股関節の痛みの原因として多いのが、加齢とともに関節軟骨がすり減って関節が変形していくのが変形性股関節症であります。

関節軟骨の働き
軟骨は水分を含んだスポンジのようになって、関節が受ける衝撃を吸収したり、骨と骨の直接の摩擦を防ぐ働きがあります。

股関節周辺のイメージ像

股関節

原因

変形性股関節症の原因には大きく分けて一次性二次性の2種類あります。
一次性
明らかな原因が不明な場合
二次性
二次性は大腿骨頸部骨折、股関節脱臼などの外傷や大腿骨頭壊死などの病気が起因となって発病します。しかし全股関節症の80%は生まれつき股関節が脱臼している先天性股関節脱臼や臼蓋の発達不良で大腿骨頭の被りが浅い状態の臼蓋形成不全が原因で発病するといわれてます。特にシニア世代の女性に多く発病する傾向にあります。

臼蓋
股関節の大腿骨頭を被う骨盤の土手の部分を臼蓋といいます。

臼蓋正常イメージ像

臼蓋
正常な股関節は大腿骨頭が臼蓋にしっかり納まるように構成されてます。

臼蓋形成不全 イメージ像

臼蓋形成不全
臼蓋形成不全は上図のように臼蓋の形成が不完全なため(赤い領域)大腿骨頭の被りが浅く、関節軟骨がすり減って股関節の骨が変形します。

日本では一次性は少なく、ほとんど二次性のものといわれてますが、欧米では反対に大半が一次性になるそうです。

症状

特に立ち上がりや歩き始めに痛みが出る始動痛が変形性股関節症の特徴となります。初期の症状は脚の付け根の違和感や軽度な股関節の痛みなどです。変形性股関節症は初期→進行期→末期と次第に病気が進行して股関節の変形が大きくなるにつれて痛みも強くなり、関節の可動範囲も狭くなります。そうなると跛行(はこう)といって足を引きずって歩くようになり、正常に歩くことができなくなるなど症状が重くなります。

画像検査

変形性股関節症は単純X線(レントゲン)撮影だけで多くの場合診断がつきます。しかし、必要に応じてCTやMRI検査を行う場合があります。

単純X線(レントゲン)撮影

股関節正面像 変形性股関節症 進行期〜末期 イメージ像

変形性股関節症レントゲン
変形性股関節症の初期は単純X線(レントゲン)撮影では異常は少なく、症状が進行すると下記のような異常所見が見られるようになります。

①関節裂隙(股関節の隙間)の狭小化
関節軟骨は単純X線(レントゲン)撮影では写りませんが、関節の隙間が関節軟骨を間接的に描出してます。関節の隙間が狭くなり、骨同士が近づいているということは関節軟骨がすり減っているということになります。
②骨頭内に骨嚢胞(のうほう)を形成
③骨頭が変形・外上方へ転位(ズレる)することにより臼蓋からはみ出す
④荷重部分の骨頭、臼蓋に骨硬化像(白く写る)が見られる
⑤臼蓋が肥厚して二重になる
⑥骨頭の内側に大きな骨棘(トゲ)を形成される
などが見られます。

まとめ

シニア世代の女性を中心に多くの方が悩む股関節の不調。その多くが関節軟骨が傷ついたり、磨耗することによって起る変形性股関節症が原因となっております。一度傷ついた関節軟骨は自然に回復することはありませんので、そのまま放置しているとどんどん症状は進んでいきます。しかし、初期の状態で適切な治療を行えば進行を遅らせることができます。

脚の付け根の痛みや違和感が続くようでしたら一度整形外科への受診をオススメします。特にシニア世代の女性は要注意となります。

股関節痛

股関節の痛みとその画像のまとめ

2019年5月1日

スポンサーリンク