股関節の痛み 「大腿骨頭壊死」とその画像

股関節痛 股関節の痛み

股関節は大腿骨の骨頭といわれる丸くなった部分が骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)といわれるくぼみの部分にはまって構成されてます。 その股関節の痛みは90%以上が加齢とともに関節軟骨がすり減って関節が変形していく変形性股関節症が原因といわれてます。そして残り5%程度が骨頭部分の血流が悪くなることにより痛みが生じる大腿骨頭壊死という病気が原因になります。

スポンサーリンク

大腿骨頭壊死とは

大腿骨頭壊死は大腿骨頭に骨壊死をきたす病気です。病気が進行すると、下図のように大腿骨頭の壊死巣領域(赤い部分)が陥没変化します。

股関節周辺のイメージ像

大腿骨頭壊死
骨壊死は骨への血流障害で骨へ栄養が滞り、骨の一部が死んでしまうことをいいます。関節の中でも股関節に発症することが一番多く、ついで膝関節や肩関節なとになります。手関節に起きるのは稀だそうです。 発症する年齢層は働き盛りの30〜60歳代が多くなっております。原因がわからないことも多く、治療法も確立されていないため国の指定難病の一つになっています。

症状

大腿骨頭壊死は発症した時点では痛みは無く、骨壊死が圧潰、つまり骨頭がへしつぶされ時点で痛みが出現します。その症状は急性な股関節痛になります。同じ股関節痛の変形性股関節炎はジワジワ症状が進行するに対してこの病気は比較的急に痛みが生じてきます。病気が進行して陥没が大きくなるにつれて痛みも強くなり、足を引きずって歩くようになり正常に歩くことができなくなることもあります。

原因

大腿骨頭壊死の原因である骨壊死は大きく2種類に分類されます。

外傷性骨壊死

大腿骨頸部骨折は骨折する部位により股関節の関節包の中で骨折する内側骨折と、股関節の少し膝よりで関節包の外で骨折する外側骨折に分けられます。大腿骨骨頭と頸部は大腿回旋動脈という血管で栄養されていますが、内側骨折の時はこの血管が損傷されることが多く、血流障害を起こしやすくなります。血流障害を起こすと大腿骨頭壊死を起こして骨頭が陥没することがあります。

転倒

健康寿命を縮めるリスク 「大腿骨頸部骨折」とその画像

2019年4月18日

非外傷性骨壊死

それに対して非外傷性骨壊死は外傷などが原因でなく起こります。ステロイドの長期投与やアルコールの多飲などさまざまな原因が骨壊死の発生に関与しているといわれてます。

画像検査

単純X線(レントゲン)撮影

大腿骨頭壊死を疑った場合、まず股関節の単純X線(レントゲン)2方向を撮影します。症状が進行して骨頭が変形していれば単純X線(レントゲン)撮影だけで診断は可能となります。

股関節 正面像 大腿骨頭壊死 初期イメージ像

大腿骨頭壊死レントゲン 大腿骨頭が骨壊死により骨頭がへし潰される(圧潰)ことにより上図の赤矢印のように骨頭の扁平化とともに関節面が不整になります。比較的初期の場合は股関節の隙間は青矢印のように正常に保たれます。

MRI検査

早期の場合は単純X線(レントゲン)撮影では変化が見られないことが多く、股関節痛があって大腿骨頭壊死の疑いがある時にはMRI検査を行う場合があります。 MRI装置

両股関節MRI 冠状断 T1強調像 右大腿骨頭壊死 イメージ像

股関節MRI 大腿骨頭壊死は赤丸のように骨頭部にT1強調画像で黒く写る帯状の低信号領域が見られます。この帯状部分は骨壊死にともなう反応性修復像と思われます。MRI検査は通常T2強調像でその病気の範囲などを評価します。しかし、大腿骨頭壊死の場合、T2強調像では骨壊死+骨髄浮腫を描出するので骨壊死の正確な範囲がわかりません。したがって、大腿骨頭壊死の壊死範囲を評価するにはT1強調画像をもちいるようになっています。

まとめ

大腿骨頭壊死は原因がわからない場合もありますが、他の病気でステロイドを大量に服用されている方や長い間大量のアルコールを飲む習慣がある方は要注意であります。初期はほとん症状はなく、あったとしても軽い痛みがある程度です。しかし、症状が進むと股関節や大腿骨頭が変形して痛みも強くなります。一度発病するとそのまま自然に治ることはありませんので、股関節痛が長く続く場合は一度整形外科を受診することをオススメします。

股関節痛

股関節の痛みとその画像のまとめ

2019年5月1日

スポンサーリンク