シニア世代の女性に多い骨折「上腕骨近位端骨折」とその画像

上腕骨近位端骨折 肩痛

シニア世代で問題となる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は骨がもろくなりになり、骨折の リスクが高くなる状態をいいます。骨の強度(骨の丈夫さ)は骨密度(骨量)と骨質の2つの要因からなるといわれます。女性の場合、閉経により女性ホルモンが減少すると骨吸収が盛んになり、骨密度が急速に低下して骨密度が若い人の70%未満になると、骨粗鬆症と診断されます。
骨密度の低下が進み骨粗鬆症になるとカラダの骨がもろくなり簡単に骨折を起こしやすくなります。特に骨粗鬆症が原因で骨折するのは脊椎骨折・橈骨遠位端骨折(手関節)・大腿骨頚部骨折(股関節)にならんで上腕骨近位端骨折(肩関節)で、4 大骨折といわれてます。

骨折

骨がもろくなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が原因の4大骨折とその画像のまとめ

2019年4月20日

スポンサーリンク


上腕骨近位端骨折とは

上腕骨は肩関節と肘関節をつなぐ長く伸びた管状の骨になります。上腕骨近位端骨折は下図の赤丸内のように上腕骨の肩関節に近い部位の骨折をいいます。全骨折の5%といわれており、比較的頻度の高い骨折になります。

上腕骨近位端 周辺のイメージ像

上腕骨近位端

骨折の種類

上腕骨近位端骨折は骨のズレ(転位)が少ない非転位型骨折と骨のズレ(転位)が大きい転位型骨折に大きく分けられます。

骨のズレが少ない非転位型骨折

上位腕骨近位端骨折

骨のズレが大きい転位型骨折

上腕骨近位端骨折

原因

若者はスポーツや交通事故などの強い外圧で骨折することがあります。しかし、多くの場合は骨粗鬆症で骨がもろくなっていることが原因となります。70歳以上の高齢の女性に多く、転倒などで手をついたときに容易に骨折しやすくなります。

骨密度検査 骨の強さを測定する

2018年9月30日

症状

受傷直後は上腕骨近位端に激しい痛みと腫れが生じます。骨のズレが大きい転位型骨折の場合は変形を見られることがあります。

画像検査

単純X線(レントゲン)撮影

上腕骨近位端骨折の疑いで病院や診療所を受診すると単純X線(レントゲン)撮影で2方向撮影をおこないます。上腕骨近位端骨折の画像検査で大切はことは転位の判定、つまり骨のズレの判定であります。通常は単純X線(レントゲン)撮影で診断はつきます。

上腕骨近位端骨折 正面イメージ像

上腕骨近位端骨折

CT検査

上腕骨近位端骨折のズレが大きく、転位の判定が困難な場合や手術が必要な場合はCT検査を行います。
CT

連続的に撮影した2次元画像をワークステーションという装置で画像処理を行い、骨を強調したボリュームレンダリング法(VR法)と言われる3次元表示(VR像)で上腕骨近位端骨折の状態を立体的に評価することで手術の術前計画を立て易くします。

上腕骨近位端CT 3次元表示(VR像) 上腕骨近位端骨折骨折イメージ像

上腕骨近位端骨折CT

 

まとめ

上腕骨近位端骨折の多くの場合は骨粗鬆症により骨がもろくなることが原因で、高齢の女性に多い傾向があります。骨のズレ(転位)が小さければ治りやすく、骨のズレ(転位)大きければ手術する必要があります。その判定に単純X線(レントゲン)撮影やCTなどの画像検査は重要な役割を担います。

スポンサーリンク