女性の手のしびれで一番多い「手根管症候群」とその画像

手のしびれ 手首の痛み

頸椎の障害によるものと並んで手や指にしびれやジンジンとした痛みがおこる病気の代表に手根管症候群があります。とくにシニア世代の女性に多く発病します。

スポンサーリンク


手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手根管は手関節の8つの手根骨横手根骨靭帯によって形成された長さ2cmほどのトンネルです。このトンネルの中を手の感覚と親指の筋肉をコントロールする正中神経と9本の筋肉の力を指に伝え指を曲げる働きをする指屈筋腱が通過します。何らかの原因で内圧が高くなり手根管内の正中神経が圧迫されて痛みやしびれを引き起こす病気を手根管症候群といいます。

手根管症候群イメージ像

手根管

原因

手根管症候群は趣味や仕事などで手をよく使う人がなりやすい病気ではあります。手根管内の腫瘤性病変などでも正中神経を圧迫して痛みやしびれが生じます。また、シニア世代の女性や妊娠や出産を契機に発病することもあり、女性ホルモンが影響するとも考えられます。その他、リウマチや人工透析の患者さんもこの病気になりやすくなります。しかし、多くの場合原因ははっきりしません。

症状

手根管症候群の症状は手指や手のひらに痛みやしびれがあります。その痛みやしびれは明け方の出やすく、痛みで目をさましたりして日常生活に支障をきたすこともあります。その時手を振ったりすると痛みやしびれが和らぐ場合があります。

痛みやしびれは親指の手のひら側、人差し指、中指、そして薬指の中指側半分に生じます。小指には症状はでません。

手根管症候群のしびれる領域

手根管症候群しびれ
症状が進むと親指の筋肉(親指の下のふくらみ)が萎縮して親指と人差し指でキレイなOKサインが出来にくくなります。また服のボタンかけなどの細かい作業ができにくくなります。
OKサイン

ファーレンテスト(手関節屈曲テスト)

手根管症候群かどうかチェックする方法として、あえて手首を曲げてしびれを起こさせるファーレンテスト(手関節屈曲テスト)があります。手根管症候群の場合、下図のように手を合わせるとしびれや痛みの強くなります。

ファーレンテスト

画像検査

手根管症候群が疑われる場合はファーレンテストを行います。ファーレンテストで手根管症候群が疑われる場合は単純X線(レントゲン)撮影や超音波(エコー)検査などを行います。

単純X線(レントゲン)撮影

単純X線(レントゲン)撮影では通常異常は認められませんが、手根管内の骨性病変、キーンベック病、橈骨遠位端骨折等の有無を確認します。

手根管 軸位撮影のポジションとイメージ像

手根骨の変形等が手根管の正中神経圧迫の原因になる場合があります。単純X線(レントゲン)撮影で手根管を描出するには、下図のような手関節の軸位撮影が適しています。しかし、痛みがある場合手首を背屈させる下図のような軸位のポジションが取りにくくなるので単純X線(レントゲン)撮影で描出が難しくくなる場合もあります。

手根骨
手根管

超音波(エコー)検査

手根管エコー

超音波(エコー)検査で手根管内の正中神経横手根靭帯などを直接描出して評価を行います。超音波(エコー)装置はコンパクトな上に特別な検査室は不要で、取り扱いが簡便であることが大きなメリットとなります。

高エコーと低エコー
超音波(エコー)検査はプローブと呼ばれる探触子から超音波ビームを発信し、体内で反射してきた超音波を受信して画像にします。反射は組織により異なり、反射が少なくて黒っぽく写る部分を低エコーといいます。反対に、反射が多くて白っぽく写る部分を高エコーといいます。

超音波(エコー)検査 正中神経 ・横手根靭帯のイメージ像

舟状骨と豆状骨にまたがるやや高エコー(白く写る)の横手根靭帯(青矢印)の後方に低エコー(黒く写る)の正中神経(赤矢印)を認めます。超音波(エコー)検査では正中神経の腫大、正中神経周囲の骨性病変、腫瘤病変の有無や横手根靭帯による正中神経圧迫などを確認します。その際に患側(障害がある方)だけでなく、健側(障害を受けてない方)と比較して異常の有無を判断します。

手根管エコー
手根管エコー

まとめ

手根管症候群は頸椎の障害によるものと並んで多い手のしびれの病気です。特にシニア世代の女性に多く発病する傾向にあります。親指の手のひら側、人差し指、中指、そして薬指の中指側半分に生じる手や指の痛みやしびれがある場合は手根管症候群の疑いがあります。症状がある場合は安静にすることが第一ですが、重症な場合手術になる場合もあります。一度整形外科などの専門医への受診をオススメします。

手首痛

手首・手関節の痛みとその画像のまとめ

2019年3月21日

スポンサーリンク