手関節 小指側の痛みの原因 「 TFCC損傷」とその画像

ドアノブを回す 手首の痛み

手首のケガをして医療機関を受診し、単純X線(レントゲン)撮影をしたが骨折は無かったのでただの捻挫だと思ったものの、なかなか治らない手関節痛。手関節の小指側(尺骨側)の圧痛(皮ふに圧を加えた時に感ずる痛み)がある場合や手首を小指側にねじった時に痛みが出る場合はもしかするとTFCC損傷かもしれません。

スポンサーリンク


TFCCとは

TFCC(triangular fibrocartilage complex)「三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい」といいます。
橈骨と尺骨で構成されている前腕と手根骨の小指側の間にある三角形の組織になります。この組織は関節を安定させる働きがある靭帯や膝の衝撃を吸収させる働きがある半月板と同じく軟部組織になります。TFCCは手首の動きを安定させるスタビライザーや手首のの衝撃を吸収するクッションの働きをします。
TFCC

手根骨とTFCCの関係

骨である手根骨は単純X線(レントゲン)撮影で写りますが、残念ながら軟部組織であるTFCCは単純X線(レントゲン)撮影では描出することはできません。
手根骨

TFCC

原因

TFCCを損傷することをTFCC損傷といいます。TFCC損傷は手首の尺骨側痛(小指側)の代表的なケガになります。手を酷使する野球やテニスなどの手首のスポーツ障害の代表になります。急激に外力が加わった時や繰り返す長い年月の蓄積によって損傷する場合があります。また、交通事故などで転倒して手をついた時や自転車の落車でハンドルを持ったまま転倒した時に手首に大きな荷重が加わって損傷することがあります。

TFCC損傷の主な原因はスポーツや交通事故などの外傷ですが、それ以外に加齢変性による場合もあります。

症状

TFCC損傷すると手首を小指側(尺骨側)に曲げると手首の小指側に痛みが生じるのが典型的な症状となります。日常生活ではドアを外側に回した時や雑巾を絞る動作などの手関節痛を誘発する手首のねじり動作で手首の小指側が痛くなります。しかし、何もしてない時は、通常痛みは出ないことが多いです。

TFCCによる手関節痛 誘発動作例

手首痛

また、TFCCは尺骨を安定化させる働きもありますので、損傷すると尺骨が前後(掌側・背側)方向へグラつく、尺骨の不安定化が生じる場合があります。

画像検査

単純X線(レントゲン)撮影

手首の痛みで病院や診療所を受診するとまず単純X線(レントゲン)撮影するのが一般的です。ただ、TFCCは軟部組織のため、残念ながら単純X線(レントゲン)撮影では描出することはできません。ではなぜ単純X線(レントゲン)撮影を行うかといえば、手首の痛む病気には手根骨の骨折や橈骨遠位端骨折などもあります。TFCC損傷を疑った場合の単純X線(レントゲン)撮影はそれらの病気との鑑別のため撮影します。

手関節 正面 イメージ像

手関節レントゲン

MRI検査

TFCC損傷は単純X線(レントゲン)撮影では描出できませんが、MRI検査では診断が可能となる場合があります。

MRI検査のT2強調画像やT2*強調画像では通常靭帯や腱などは低信号(黒く写る)に描出されます。断裂や損傷、浮腫、炎症などがある場合はその部位が高信号(白く写る)に描出されます。
MRI検査

 

手関節MRI 冠状断 T2*強調画像 TFCC損傷 イメージ像

手関節のTFCCの尺骨寄り1/3程度が高信号(白く写る)呈しており(赤丸)、TFCC損傷を反映しています。

TFCC MRI

 

まとめ

スポーツや交通事故などで手首をケガをした時、単純X線(レントゲン)撮影で骨に異常なしと診断されたにも関わらず、小指側の手関節痛がなかなか治らない場合はTFCCの損傷が疑われます。一度整形外科専門医への受診をオススメします。

手首痛

手首・手関節の痛みとその画像のまとめ

2019年3月21日

スポンサーリンク