スポーツ選手の手首のケガ「舟状骨(しゅうじょうこつ)」骨折とその画像

手首の痛み 手首の痛み

サッカーなどのスポーツで転倒時における手首のケガの代表が舟状骨骨折であります。舟状骨は指の骨と橈骨などの前腕を連結する重要な働きがあります。急性期の舟状骨折は手首の捻挫と症状が紛らわしいのですが、症状が軽いからといって放置すると大変なことになるかもしれません。実は舟状骨は手根骨骨折の中で最も多く、そして最も治療が難しいといわれているからです。

舟状骨骨折

舟状骨は8つある手根骨の1つで、もっとも重要なものの一つと言われてます。下図のように手首の外側(拇指側)にあり、橈骨と接しています。手をついた時に力が加わりやすく、骨折しやすい部位にあります。特に10代後半から20代の青年の方に好発するそうです。
舟状骨は他の手根骨と違い拇指側に斜め45度傾いているため、通常の手関節の単純X線(レントゲン)撮影では描出しにくく、骨折があっても初期は見逃されるケースがあります。そのまま放置すると骨折部位が偽関節になりやすいのが舟状骨骨折の特徴になります。

舟状骨 舟状骨

原因

サッカーなどのスポーツプレー中に下図のように手首を背屈した状態で後ろ向きに手をつくと舟状骨の骨折が起きやすくなります。その時に骨折しやすい箇所がカシューナッツのような形をした舟状骨の腰部といわれる、一番くびれた場所になります。スポーツ外傷だけでなく交通外傷でも骨折する場合があります。

舟状骨骨折

偽関節

舟状骨骨折は骨がつきにくい骨折の代表といわれてます。それは骨に栄養を送る血流に関係してます。舟状骨の血流は指先側の遠位から手首側の近位に向かって血流があるため(下図:赤矢印)、舟状骨の腰部に骨折を生じると近位の骨片(下図:茶色部分)は血流が断たれ壊死を起こしやすくなります。壊死を起こして骨がつかないため骨折部位があたかも関節のように動いてしまう偽関節になります。舟状骨はこの偽関節になりやすいのが特徴となります。舟状骨骨折はそのまま放置するとこのような偽関節になり、治療がとても難しくなります。

舟状骨血流

症状

舟状骨骨折は受傷時の急性期は手首の外側(拇指側)の痛み、腫脹(腫れ)などが主な症状となります。特に「解剖学的嗅ぎタバコ入れ」に圧痛がある場合は舟状骨骨折の疑いが強くなります。

舟状骨 解剖学的嗅ぎタバコ入れ
解剖学嗅ぎタバコ入れ
手首の外側(拇指側)の長母指伸筋腱と短母指伸筋腱に囲まれた部位をいいます。舟状骨骨折があるとこの部位に圧痛があります。
急性期を過ぎると一時的に軽快しますが、そのまま放置すると骨がつかないため骨折部位があたかも関節のように動いてしまう偽関節になり、手首全体の動きが悪くなる手の機能障害を生じます。

画像検査

スポンサーリンク


単純X線(レントゲン)撮影

舟状骨は通常の手関節の撮影では他の手根骨が重なり、骨折の診断が難しい場合があります。

手関節正面像

手根骨

舟状骨正面像

そのような場合は手を小指側に反らすと、他の手根骨との重なりが外れ、診断がつきやすくなる場合があります。
手関節

舟状骨

舟状骨骨折イメージ像

舟状骨骨折

舟状骨のポジションで撮影を行っても、受傷直後は単純X線(レントゲン)撮影では描出ができないことが多々あります。舟状骨骨折は時間の経過とともに単純X線(レントゲン)撮影で写りやすくなってきますので、「解剖学的嗅ぎタバコ入れ」に痛みが続くなど舟状骨骨折が疑われる場合は2〜3週間後に再検査する必要があります。

CT検査

CT
初期の舟状骨骨折は大きなズレがない限り単純X線(レントゲン)撮影では描出が難しいことが多いため、骨折の疑いがある場合はCT検査を行います。
CT検査で連続的に撮影した横断像の2次元画像によりMPRという画像処理を行い、手首の任意の断面を作成することによって舟状骨の病変を正確に評価することができます。

MPR
「multi-planar reconstruction, multi planar reconstruction」の略で、撮影後の画像再構成処理により、横断像、冠状断像、矢状断像の基本的な3方向以外にも自由自在に体の断面像を作成することができます。

CT 冠状断像 舟状骨骨折イメージ像

舟状骨CT

MPR処理により任意方向から画像作成することにより骨折線を描出することが可能になります(赤丸内)。

MRI検査

MRI検査

骨折線がハッキリしている場合はCT検査の方が舟状骨骨折はわかりやすのですが、骨折が軽微な場合や骨折がハッキリしない骨挫傷などはMRI検査の方が舟状骨折の診断がしやすい場合があります。

MRI検査では通常靭帯や腱などは低信号(黒く写る)に描出されます。断裂や損傷、浮腫、炎症などがある場合はその部位が高信号(白く写る)に描出されます。

脂肪抑制プロトン密度強調像  冠状断  舟状骨骨折 イメージ像

舟状骨内の白く写っている部位は骨折による浮腫や炎症が疑われます(赤丸内)。

舟状骨MRI

まとめ

舟状骨は骨折しているのもかかわらずそのまま放置すると骨がつかないで、偽関節や骨壊死になり治療が困難になります。ただ、舟状骨骨折の初期は単純X線(レントゲン)撮影で描出するのが難しい部位になります。そのためハッキリした骨折線が分からないため、そのまま手首の捻挫としてかたずけられ、治療の開始を遅らせる結果になるケースもあります。このことが偽関節や骨壊死になる原因の一つとなります。したがって舟状骨骨折は偽関節になる前の早期の治療が大切になりますので、単純X線(レントゲン)撮影だけでなくCTやMRIなども含めた総合的な画像診断がとても大切になります。

野球選手の手首のケガ 「有鈎骨(ゆうこうこつ)」骨折とその画像

2019年3月7日
橈骨遠位端骨折

シニア世代 女性の手首の骨折「橈骨遠位端」の骨折とその画像

2019年3月14日

スポンサーリンク