シニア世代の肩の痛み 「四十肩・五十肩」

肩痛 肩痛

シニア世代の肩の痛みの原因は多岐にわたり、いくつかの病気が存在します。その中で肩の痛みの代表がいわゆる「四十肩・五十肩」です。医学的には「肩関節周囲炎」といいます。呼び名が示す通り、40から60代のミドル世代〜シニア世代にかけて多く発症します。40代で発症すれば四十肩と呼ばれ、50代で発症すれば五十肩と年齢で言われ方が違いますが、基本的に同じ病気になります。

もうひとつ比較的多い肩の病気に、40〜50代の女性に多く発症し、激烈な痛みを伴う「石灰性腱炎」があります。

肩痛

シニア世代の女性に多い肩の激痛 「石灰性腱炎」とその画像

2019年2月25日

突然発症することが多い「四十肩・五十肩」

症状

「四十肩・五十肩」という呼び方で呼ばれている肩関節周囲炎は、肩をぶっつけたとか肩を酷使したなどのきっかけがなくてもある日突然、なんの原因もなく激しい痛みを伴って発症することが多いと言われてます。腕を上げたり、腕を後ろに回す動作に制限が出てくるので、日常生活に支障をきたすようになります。夜中に痛む場合もあり、それが原因で睡眠不足になり体調を崩すシニア世代も多いようです。通常「四十肩・五十肩」は症状が急速に進む急性期と症状が落ち着く慢性期に分けられます。急性期の症状は痛みですが、数ヶ月程度で自然に痛みは軽快することがほとんどといわれてます。慢性期になると肩関節の可動域が狭くなり、そのまま意識的に動かさないと肩が動かしにくくなる症状が主になります。

原因

肩

肩関節は実に複雑な関節で、「四十肩・五十肩」の発生原因ははっきりわからないそうです。ただ、加齢に伴い肩関節の筋肉低下や肩周辺組織の柔軟性が低下し、関節を包む関節包や棘上筋と肩峰に挟まれた肩峰下滑液包と言われるスペースが炎症や痛みを引き起こすためと考えらます。

スポンサーリンク


四十肩・五十肩の画像診断

肩の痛み(肩関節痛)の中で四十肩・五十肩と同じく頻度の高い病気である腱板断裂や石灰性腱炎は画像検査で診断がつきやすい病気となってます。それに比べて「四十肩・五十肩」は痛みの原因が多岐に渡っていることもあり、単純X線(レントゲン)撮影はもちろん、CTやMRI検査でも画像検査での診断は難しくなっています。最近では石灰性腱炎や変形性肩関節症、腱板断裂など痛みの原因が画像検査などではっきりあるものを除いたものをいわゆる「四十肩・五十肩」といいます。

長く続く肩痛、もしかしたら腱板断裂かも…

「四十肩・五十肩」で痛みが取れても自由に肩が動かせるようになるには、1年以上もかかる人もいるそうです。しかし、痛み自体は1〜2ヶ月で取れることが多く、痛みが1年以上続くことはあまりないそうです。
なかにはいつまでも肩に力が入りにくく、痛みが続く場合があります。患者さんご本人が「四十肩・五十肩」だと思っていても、意外に多いのが「腱板(けんばん)断裂」です。
不安定な肩関節を安定させているのが、棘上筋や小円筋など4つの筋肉で構成される「ローテーターカフ」(回旋筋腱板)と呼ばれている筋肉群です。筋肉は腱といわれる繊維の束になって筋肉につながっています。この腱が骨に付着する部分を腱板といいます。その腱板が加齢によって柔軟性の低下などで炎症を起こしたり、部分的に断裂することがあります。これを腱板断裂と言います。

肩痛

シニア世代の肩の痛み 「腱板断裂」とその画像

2018年11月26日

まとめ

「四十肩・五十肩」は急性期の痛みは強いものの、自然と症状がなくなることが多いといわれてます。急性期の痛みが強い時は動かさないようにして安静にすることが大事です。慢性期に入り痛みが薄れてきたら、積極的に肩を動かすことがとても大切になります。動かさないと肩の内部組織が癒着し、ますます動かしにくくなり回復を遅らせるそうです。ただ、いつまでも痛みが残る場合は腱板断裂やその他の病気が考えられます。そのような方は一度、整形外科の「肩の専門医」の受診をオススメします。

肩痛

シニア世代の「肩の痛み」とその画像のまとめ

2019年2月28日

スポンサーリンク