肘の外側の痛み 「テニス肘」 上腕骨外側上顆炎とその画像

テニス 肘痛

肘関節は上腕骨と橈骨、尺骨の3つの骨で構成されています。その肘関節でシニア世代の方が外傷などのケガの心当たりがなくても起こる痛みがあります。その痛みもしかして上腕骨外側上顆炎、通称テニス肘かもしれません。

スポンサーリンク


上腕骨外側上顆炎(テニス肘)とは

肘の痛みが外側にある、ぞうきんを絞る動作やテニスなどのスポーツ時にラケットをふる動作で肘が痛むようになった、何もしなければ痛みは出ないなどの場合は「上腕骨外側上顆炎」が疑われます。加齢により痛んで劣化した肘の外側の筋肉を使いすぎた結果、肘の外側が痛くなる病気です。この痛みはシニア世代のテニス愛好者に多く起こるため、俗にテニス肘とも言われてます。シニア世代だけでなく、ラケットなどをふるスポーツをする若い世代にも発生する場合もあります。

症状

シニア世代のテニスやバトミントンなどのラケットを振るスポーツをする方に多く発病します。具体的には手首を手の甲側にそらす、手首をねじった時、指を伸ばすときに力を入れた時などの動作の際に痛みが出たりします。
手首
それ以外の時はあまり痛みは出ません。
日常生活の中ではぞうきんを絞るような動作や肘を伸ばしたまま重い荷物を持ち上げた時に肘の外側に痛みが出たりします。
雑巾絞り

原因

手首を伸ばす働きをする短橈側手根伸筋筋の腱は肘の外側(上腕骨の外側上顆)に付着しています(下図赤丸)。


筋肉が骨にくっつくために硬くなっている部分を言います。

肘関節 正面 短橈側手根伸筋腱 イメージ像

肘

ラケットなどを振る動作を繰り返すうちに短橈側手根伸筋腱の骨付着部にストレスが加わったり、加齢による柔軟性の低下等が原因で炎症や微小断裂(下図赤矢印)を起こして肘の外側が痛くなると考えられます。

肘関節 短橈側手根伸筋腱 微小断裂 側面イメージ像

肘関節

テニスなどのスポーツが原因の場合はバックハンドストローク(肘と手首を曲げた状態から伸ばす動作に移行する)時に、ボールがラケットに与えるストレスが繰り返し肘に加わることによって肘の外側が痛くなります。

バックハンドストローク

実はこのテニス肘と呼ばれる肘の外側の痛みはスポーツとは関係ないシニア世代の女性が家事労働で上記のように雑巾を絞る動作などでも痛みを感じることがよくあります。

画像検査

単純X線(レントゲン)撮影

肘の痛みで病院や診療所を受診するとまず単純X線(レントゲン)撮影をします。基本的に正面と側面の2方向を撮影します。

肘関節 正面 イメージ像

肘関節

肘関節 側面 イメージ像

肘関節

短橈側手根伸筋腱内に石灰化 イメージ像

短橈側手根伸筋腱は残念ながら単純X線(レントゲン)撮影で直接描出することはできません。ただ、上腕骨外側上顆炎の場合、短橈側手根伸筋内に石灰化病変(下図赤丸)が見られることがあります。

肘関節

MRI検査

上腕骨外側上顆炎における上腕骨外側外顆部での短橈側手根伸筋腱の状態を調べるためMRI検査を行う場合があります。
MRIは非常に強い磁場のCTより大きなトンネルにカラダを入れ、電磁波(RFパルス)を繰り返し人体に照射して画像を撮像します。この電磁波送信の繰り返しによって、人体の水素原子から信号が放出され、この微弱な信号をMRI用コイルで受信し、コンピューター処理することでMRI画像を作ります。たとえ肘だけでも、検査時はカラダ全体を下図のように大きなトンネルに入れて検査を行います。X線を使用しませんので放射線被ばくはありません。X線を使うCTに比べると靭帯や腱など柔らかな組織の検査に適しております。

肘MRI
人体の水素原子から微弱な信号を受信するため、頭部なら頭部用、脊椎なら脊椎用、そして肘用などの各部位専用コイルを使用することにより高精細な画像を撮像することができます。

MRI検査では通常靭帯や腱などは低信号(黒く写る)に描出されます。断裂や損傷、炎症などがある場合はその部位が高信号(白く写る)に描出されます。

脂肪抑制プロトン密度強調像  冠状断  上腕骨外側上顆炎 イメージ像

上腕骨外側上顆に付着する短橈側手根伸筋腱は赤丸の部分になります。本来腱は上記のように低信号(黒く)に写りますが、短橈側手根伸筋腱の部分は高信号(白く)写っており、断裂や炎症が疑われます。

肘MRI

まとめ

肘の外側の痛みである「テニス肘」 上腕骨外側上顆炎はテニスなどのスポーツで短橈側手根伸筋腱付着部のストレスが大きくなったため起こるといわれます。しかし、この痛みは日常生活での動作でも起こる方が多くいます。特にシニア世代の女性に多く発病します。シニア世代の女性は一般に筋力が弱く、一度発病するとなかなか治りにくくなります。テニスなどのスポーツによる使い過ぎ以外でも、加齢よる変性や性別なども「テニス肘」 上腕骨外側上顆炎の原因の一つとして考えられます。

肘痛

「肘の痛み」とその画像のまとめ

2019年2月19日

スポンサーリンク