脳卒中 のFASTを知って命を守る!

脳卒中 脳卒中

ガンや心臓病とならんで日本人の3大死亡原因の一つになっている脳卒中は脳の血管がつまったり、破れたりして脳に血液が届かなくなる血液循環障害による症状のことをいいます。原因は脳血管が詰まる「脳梗塞」、脳血管が破れる「脳出血」、脳血管のコブが破れる「クモ膜下出血」そして一時的に脳梗塞の症状が出る一過性脳虚血発作(TIAといいます)の4種類に分類されます。
脳卒中とその画像の詳細は下記の関連記事をご覧ください。

脳卒中

シニア世代 「脳卒中」とその画像のまとめ

2019年1月10日

スポンサーリンク


脳卒中 イメージ像

脳梗塞MRI(拡散強調画像)イメージ像

脳梗塞は脳血管が詰まって、詰まった先に血液が行かなくなり、脳組織が決定的なダメージを受けると修復は不可能になります。しかし、発症して間もない急性期に治療を始めて血液を送り込めば回復する可能性があり、後遺症が残っても軽く済む場合があります。ただ発病直後数時間はCT上変化は見られず、ある程度時間が経ったら黒く(低吸収域)写ります。この時点て治療しても効果はありません。

そこで最近はMRI検査の拡散強調画像(DWI)と言われる撮像方法で撮像するとCTで変化ないくらい急性期の梗塞も描出することができるようになりました。この時期に治療を始めれば後遺症を軽くしたり、あるいはなくすこともできる可能性があります。

脳梗塞

脳出血 CTイメージ像

脳出血は脳血管が破れて脳内に出血して、血腫という血の塊が脳細胞にダメージを与えます。また血腫が大きくなったり、出血によって脳が浮腫といって腫れぽくなって頭蓋内圧が高まり、正常の脳組織に様々な悪い影響を与えます。

脳出血

 

クモ膜下出血 CTイメージ像+血管撮影 脳動脈瘤イメージ像

クモ膜下出血の90%近くが脳動脈瘤の破裂が原因となります。脳動脈瘤とは血管の一部がコブ状に膨れるもので、血管の枝分かれする部位にできやすくなります。その脳動脈瘤が突然破裂することによってクモ膜下出血が起こります。

クモ膜下出血

一過性脳虚血発作 MRI(拡散強調画像)イメージ像

脳卒中の4分の3以上を脳梗塞が占めており、この中には、「本当の脳梗塞」の前触れとされる一過性脳虚血発作(TIA)も含まれます。この病気は脳血管の血液の流れが一時的に悪くなる状態で、脳梗塞と同じような運動麻痺などの症状が現れるものの、発作が起きて通常2〜15分程度、長くとも24時間以内に改善して後遺症を残さない病気を言います。ただ、初回発作から1ヶ月〜1年以内に「本当の脳梗塞」が発病することがあります。つまり一過性虚血発作(TIA)は脳梗塞のイエローカード、警告であるとも言えますので注意が必要です。脳梗塞と一過性脳虚血発作をあわせて虚血性脳血管障害といいます。
MRI画像

腹部CT画像

レントゲンやCT、MRIなどの画像の左右を考える

2019年1月17日

脳卒中は急性期の治療が大切

脳梗塞で脳の血管が詰まると、脳の神経細胞に十分な血液が流れなくなることで多くの障害が引き起こされます。脳卒中の発症から限られた時間内しかできない治療もあります。脳組織にダメージを受けてない急性期に治療を始めれば後遺症を軽くしたり、あるいはなくすこともできる可能性があります。脳梗塞の治療は常に一刻を争うのです。また、脳出血についても治療しないでおくとどんどん症状が悪くなることが多く、クモ膜下出血、脳出血含めて脳卒中はやはり時間との勝負の病気になります。

ACT-FAST!

脳卒中は下記のように顔(Face)、腕(Arm)、言葉(Speech)に特徴的な異常の症状がでます。

Face(顔)

顔に麻痺が起こります。顔の麻痺が起こると、顔の片側が下がったり、ゆがんだりします。うまく笑えなくなります。

Arm(腕)

片腕が運動麻痺を起こして力が入らなくなるため、両腕を同じように上げることができません。

Speech(言葉)

ろれつがまわりにくくなって言葉をうまく話せなくなったりする言語障害が起こります。

Time(時間)

正確な治療をするため、何時に発病したかを記録するとともに、すぐに行動を起こす。時間が勝負!です。

これらの頭文字をとってFASTといい、アメリカの脳卒中協会にACT-FASTという標語があります。〝ACT-FAST!〟つまり急いで行動しなさいという意味になります。

脳卒中の疑いがある場合、上記のような顔、腕、言葉の3つの症状を確認して、どれか一つでもおかしいと思ったら迷わず救急車を呼ぶ必要があります。脳卒中は一刻でも早く治療を始めることが大切になります。

救急車

まとめ

ご本人を含めて皆さんの周りで脳卒中の症状が出たならFASTに心がけ、「直ちに救急車を呼んで専門病院を受診する!」ことが重要です。発症後はたとえ症状が軽くても、少しでも早く治療を始めるために決して自分や家族の車で病院へ行くことがないようにしなければなりません。間違いなく時間のロスになります。

FASTを知っていれば、脳卒中になっても命を守れるかもしれません。

スポンサーリンク