運動で膝の内側に痛み! 鵞足炎(がそくえん)の画像について

膝痛 膝痛

今まで運動と疎遠な生活を送っていたシニア世代の皆さんは、既に膝や足首、腰などにトラブルを抱えている方も多いのではないでしょうか。特に肥満傾向の方が急に運動をすると膝の内側が痛くなることがあります。それってもしかすると鵞足炎(がそくえん)かもしれません。でも鵞足炎ってあまり聞きなれない病気ではないでしょうか?

鵞足炎(がそくえん)とは

鵞足炎とは腸脛靭帯炎が膝の外側が痛くなるのに対して、鵞足炎は膝の内側が腸脛靭帯炎同様の痛みを生じる病気です。腸脛靭帯炎と同じく、ランニングなどのスポーツが原因の膝障害になります。主に、ジャンプやターンを繰り返すスポーツで発症しやすいと言われてます。
鵞足とは膝下の内側にある下腿の脛骨に「鵞足を構成している3つの腱」が付着する部分のことを言います。付着している部分が鵞鳥(ガチョウ)の足に似ているためこう呼ばれているそうです。
鳥の足

膝痛

自転車などの運動で起こる「膝の痛み」とその画像のまとめ

2019年1月10日

スポンサーリンク


鵞足炎の原因

膝の屈伸運動を繰り返すことによってに、膝が内向きで、つま先が外向きの動きの時に内側の緊張が高くなり、鵞足に付着している縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はっきん)半腱様筋(はんけんようきん)の3つの腱が炎症をおこして膝の内側に痛みが現れます。鵞足炎はランニングなどのスポーツによる膝の使いすぎで腱が痛む場合やX脚などの身体形態特性によるものが原因として考えられます。

鵞足炎 正面 イメージ像
膝の画像

鵞足炎 側面イメージ像
膝の画像

縫工筋(ほうこうきん):膝を伸ばすときに使う筋肉
半腱様筋(はんけんようきん):膝を曲げる時に使う筋肉

症状

鵞足炎は膝の内側から脛(すね)かけて、鵞足と言われる縫工筋、薄筋、そして半腱様筋の3つの腱と下腿の脛骨がつながっているあたりに痛みがでます。症状が悪化すると激痛を伴うことがあり、特に階段の昇り降りが辛くなります。

画像検査

鵞足炎は単縦X線(レントゲン)はもちろん、MRIやCT検査でも描出することはできません。したがって、鵞足炎の診断は、臨床症状が決め手となります。つまり膝関節の内側の3つの腱付着部の運動時痛・押さえると痛いなどの症状があれば鵞足炎と診断されます。

まとめ

鵞足炎の対処方法は鵞足部のストレッチを中心に伸展性を確保することや、痛みがある時や運動後のアイシング等が効果あります。また、ジョギングなどの運動時に膝が内向きにならない様に股関節周囲の筋トレが効果的と言われてます。痛みがある間は運動はお休みして、安静にしていた方がいいと思います。ただ、あまりにも痛みが長引く際は変形性膝関節症などを併発する人も多いので、一度整形外科などの専門医への受診をお薦めします。

スポンサーリンク