高血圧の人は注意! 脳出血の画像について シニア世代の脳卒中

頭痛 脳卒中

ガンや心臓病とならんで日本人の3大死亡原因の一つになっている脳卒中は脳の血管がつまったり、破れたりして脳に血液が届かなくなる血液循環障害による症状のことをいいます。原因は脳血管が詰まる「脳梗塞」、脳血管が破れる「脳出血」、脳血管のコブが破れる「クモ膜下出血」そして一時的に脳梗塞の症状が出る一過性脳虚血発作(TIAといいます)の4種類に分類されます。

脳出血とは

その中の脳出血は脳血管が破れて脳内に出血して、血腫という血の塊が脳細胞にダメージを与えます。また血腫が大きくなったり、出血によって脳が浮腫といって腫れぽくなって頭蓋内圧が高まり、正常の脳組織に様々な悪い影響を与えます。一般的に脳溢血(のういっけつ)という言葉で知られてます。

脳卒中

シニア世代 「脳卒中」とその画像のまとめ

2019年1月10日

脳出血の症状

脳出血の症状は出血量や出血した場合により様々ありますが、一般的には突然の頭痛、嘔吐、右ないし左半身に麻痺やろれつが回らないなどの言語障害などがあります。症状が重篤な場合は意識障害や命の危険性がある場合もあります。

脳出血の原因

脳出血は多くの場合高血圧が原因と言われてます。高血圧は放置していると、血管を痛め動脈硬化症の原因にもなり、脳だけでなく心臓の血管疾患などの命に関わる重篤な病気を発症する可能性があります。

動脈硬化
動脈の血管壁が加齢等で硬くなり、弾力性を失います。さらに血管の内側が狭くなって血行が悪くなり、血液が詰まりやすくなる状態をいいます。その動脈硬化により引き起こされる様々な病気の総称を動脈硬化症といいます。動脈硬化は心臓や脳の血管を容易に詰まらせるため心筋梗塞脳梗塞などの大きな原因となりますので「サイレントキラー(沈黙の暗殺者)」とも呼ばれています。

その他の原因として、脳動静脈奇形(AVM)などの脳血管の異常などからも脳出血を起こします。ただ、高血圧が原因に比べればそれほど頻度は高くありません。

スポンサーリンク


画像検査

脳出血をはじめとして、脳卒中が疑われる場合は緊急でCT検査を行い、出血か梗塞かを鑑別します。CTは脳卒中の中でも脳出血やクモ膜下出血などの出血性疾患では発症直後から診断が可能で、とても有用性が高い検査となってます。
CT

CTでは出血部位は白く描出されます。これを高吸収域といいます。その出血の周囲には脳浮腫*が黒く描出されます。これを低吸収域といいます。また、脳出血の起こりやすい場所はある程度決まってます。
出血である高吸収域(白い部分)は出血発症後3週間から1ヶ月間CT画像で認められます。

脳浮腫は、脳実質内に異常な水分貯留を生じ、脳容積が増大した状態である。脳腫脹も同義である。

ウィキペディアより引用

被殻出血

被殻は大脳の左右に一対ずつあり、カラダの運動調節や学習や記憶の役割をします。脳出血の最も多い場所で、脳出血の40〜50%が被殻から出血します。

被殻出血を起こすと出血側と対側の上肢または下肢の片麻痺と聴覚障害と感覚障害を伴うことが多くなります。

頭部単純CT 被殻出血 イメージ像

被殻に浮腫と思われる低信号域(黒い部分)伴った高信号域(白い部分)の出血を認めます(赤矢印)。

CT画像

視床出血

視床は大脳と中脳の間にある間脳に左右一対ずつあり、触覚や痛覚などさまざまな感覚をまとめる役割を持ってます。この場所からの出血は約30%程度と言われてます。

視床出血を起こすと被殻出血と同じく、出血側と対側の上肢または下肢の片麻痺や眼球運動の障害をともないます。ただ、視床出血は被殻出血に比べて脳の灰白質に囲まれているため軽い症状の場合が多くなります。

頭部単純CT 視床出血 イメージ像

視床に浮腫と思われる低信号域(黒い部分)伴った高信号域(白い部分)の出血を認めます(赤矢印)。

CT画像

 

皮質下出血

皮質下出血は大脳を覆う大脳皮質の下に出血します。この場所からの出血は10〜20%を占めます。

大脳の頭頂葉の皮質下出血で感覚障害、後頭葉の皮質下出血では視野障害など出血部位で様々な障害が発症します。

頭部単純CT 皮質下出血 イメージ像

浮腫と思われる低信号域(黒い部分)伴った高信号域(白い部分)の出血を認めます(赤矢印)。

CT画像

スポンサーリンク


小脳出血

小脳は脳幹部の後方にあり、平衡感覚をつかさどる役割をします。つまりカラダのバランスをとる場所です。この部位からの出血は全体の約10%を占めます。

小脳出血を起こすと激しい頭痛や体のバランスが取れなくなりめまいを起こします。めまいを起こして気持ち悪くなって嘔吐したりすることがあります。

頭部単純CT 小脳出血 イメージ像

小脳に浮腫と思われる低信号域(黒い部分)伴った高信号域(白い部分)の出血を認めます(赤矢印)。

CT画像

橋出血

は中枢神経系が集まる脳幹部にあります。前後を中脳や延髄に挟まれ、呼吸や循環など生命活動維持に必要な役割をする重要な部位になります。この部位からの出血は約10%を占めます。

橋出血は中枢神経系が集まる重要な部位であるため重篤な症状に至ることが多く、命の危険性に及ぶことことがあります。

頭部単純CT 橋出血 イメージ像

橋に浮腫と思われる低信号域(黒い部分)伴った高信号域(白い部分)の出血を認めます(赤矢印)。

CT画像

まとめ

CTは脳出血の発症直後から診断が可能で、とても有用性が高い検査となってます。脳出血の治療指針の決定に頭部CT検査は重要な役割を果たしております。
その脳出血の原因は多くの場合は高血圧になります。したがって、脳出血を起こさないためにも日頃の血圧の管理がとても大切になります。その高血圧は肥満、喫煙、運動不足、多量の飲酒やストレスなどの生活習慣の乱れが原因になってます。日頃の生活習慣を改善すれば脳出血発症のリスクはグンと下がります。

スポンサーリンク