シニア世代の首から肩、手足のしびれ痛みの原因 後縦靱帯骨化症の画像について

上肢しびれ 肩こりや首の痛み

みなさん、後縦靱帯骨化症という病気をご存知でしょうか?整形外科では「OPLL」と呼ばれております。頸椎、胸椎そして腰椎は椎体同士を連結するために、椎体の後側に後縦靱帯という靭帯が走っています。この靭帯のおかげで椎体が安定しているわけです。後縦靱帯骨化症とは、この靭帯が骨に変化してしまう病気であります。靭帯が骨に変化することにより、脊柱管が狭窄されて脊髄が圧迫することによりさまざまな症状が発症する病気で、シニア世代の男性に多く発病し、厚生労働省が指定難病(69)に定めているくらい治療が難かしいといわれてます。

スポンサーリンク


後縦靱帯骨化症イメージ像

頸椎 側面像

頸椎

頸椎 横断像

頸椎

後縦靱帯骨化症の症状

後縦靱帯骨化症の初期症状は頸椎症などと同じく、首が痛い、回らない、ひどい肩こりなどからはじまります。病気が進行すると首、肩から手先にかけての痛み、しびれが出てきます。そし「巧緻(こうち)運動障害」といって、ワイシャツなどのボタンの掛けはずしがうまくできない、字が書きにくくなった、箸がうまく使えなくなった、小銭がうまくつかめない、紐がうまく結べない、といったような運動障害 が出てきます。つまずきやすくなったり、階段の上り下りが大変になったなどの歩行障害がでてきます。 さらに症状が進むと尿が出にくい、尿漏れを起こすなどの膀胱障害が出たりすることがあります。

原因は

色々な説がありますが、後縦靱帯骨化症の原因ははっきりしないそうですが、ただ糖尿病や肥満な方に多く発病する傾向にあります。また、西洋人より日本人などの東洋人のシニア世代に多く発症し、男女比は2対1で男性が多く発病します。後縦靱帯骨化症は頸椎に多く発病しますが、稀に胸椎にも発病します。その際は主に下肢に症状が出ます。

肩こり

首や肩に「こりや痛み」をおこす病気とその画像のまとめ

2019年1月11日

画像検査

画像検査の場合はまず単純X線(レントゲン)撮影を行います。しかし、診断が難しいケースも多くありますので、後縦靱帯骨化症が疑われる場合はCTやMRI検査での精密検査が必要となります。CTは後縦靱帯の骨化の大きさや範囲を判定するのに優れており、病気の確定診断ができます。MRIの場合は骨の描出というよりも、後縦靱帯の骨化による脊髄の圧迫状況の描出に優れておりますので目的に応じた検査を行います。

単純X線(レントゲン)撮影

単純X線(レントゲン)撮影の側面像で、椎体後縁に接する後縦靱帯の骨化像が認められます。下図の赤丸内の白い部分が後縦靱帯の骨化部分になります。単純X線(レントゲン)撮影は脊髄は描出できませんので、脊髄への圧迫状況はMRI検査や造影剤を使ったCT検査を行わなければ正確には分かりません。

単純X線(レントゲン)撮影 頸椎側面像 後縦靱帯骨化症のイメージ像

頸椎画像

CT検査

CT
連続的に撮影した2次元画像によりMPRという画像処理を行い、頸椎の側面像などを作成することにより後縦靱帯の骨化の大きさや範囲を判定することができます。下図の赤丸の部分に後縦靱帯の骨化が認められます。ただ、CTでも脊髄を描出するまでの分解能は無いため、単純X線(レントゲン)撮影と同じく、脊髄への圧迫状況は造影剤を使ったCTを行うか、MRI検査を行わなければ分かりません。

MPR
「multi-planar reconstruction, multi planar reconstruction」の略で、撮影後の画像再構成処理により、横断像、冠状断像、矢状断像の基本的な3方向以外にも自由自在に体の断面像を作成することができます。

CT  MPR 処理による矢状断像  後縦靱帯骨化症イメージ像

CT画像

CTミエログラフィー

CTでは骨の状態を詳細に評価できます。ただ脊髄は直接描出することは出来きませんので、ミエログラフィーといって腰椎から脊髄腔内に造影剤を注入して、CTを撮影する検査法もあります。この検査で後縦靱帯の骨化と脊髄の位置関係を把握することが可能で、手術を前提とした検査として行う場合があります(CTミエロといわれます)。ただミエログラフィーは侵襲を伴う検査のため、MRIなどの検査と違い入院して検査を行います。

CTミエログラフィー 横断像 後縦靱帯骨化症 イメージ像

CT画像

MRI検査

MRI
多くの場合、単純X線(レントゲン)撮影とCT検査で後縦靱帯骨化症の存在診断は可能となりますが、MRI検査によって脊髄の圧迫の程度を評価することができます。下図の赤丸内の黒い部分(MRIでは低信号といいます)が後縦靭帯の骨化部位になります。

MRI T2強調像 矢状断像 後縦靱帯骨化症イメージ像

MRI画像

まとめ

後縦靱帯骨化症は変形性頸椎症に比べると理学療法等の治療効果が少ない病気といわれてます。何よりも大切なことは今の症状を悪化させないことです。首を後ろに反らせすぎないことや、日常生活や飲酒などの転倒・転落することで頭や顔を打つことにより症状が出現したり、一気に悪化したりする可能性があります。くれぐれも注意が必要です。後縦靭帯が骨化していてもみんな症状が出るわけではありません。しかし、一度発病すると自然に治ることは見込めませんので、まず整形外科や脳神経外科などの専門医の受診をお勧めします。

スポンサーリンク