究極自転車 ロードバイクのポジションとペダリングの基本について

スポーツ

体の柔軟性、筋力などは十人十色。それと同じで自転車も100人いれば、100人の乗り方があります。そのポジションも100通りあります。

最初のポジションは


自転車のポジションはサドルとハンドルの位置が基本となります。その高さはシートチューブ(自転車のフレームで、サドルの下の縦のパイプ)の延長上に伸ばしたクランクのペダルに、裸足でかかとがやっとペダルに着く状態が基本の高さだと言われてます。この状態だと靴を履いてクランクをシートチューブの延長線上にすると膝に少し余裕が生まれるくらいのサドルの高さになります。しかし、この状態は初心者には怖い高さだと思います。安全性を考えて最初のサドルの高さは膝を伸ばして足がしっかりと地面につく高さからはじめます。ハンドルはサドルと同じ高さからはじめて、不安感のないポジションから自転車ライフをスタートしましょう。ポジションは自転車に乗り慣れていくと(特に最初は)どんどん変わっていきます。乗り慣れ、自転車に乗る不安感が無くなってきたらサドルを少しずつ高くし、ハンドルを少しづつ下げていきます(たとえば、2ー5mm位づつ)。上級者だとハンドルをサドルより10㎝近く下げる場合もあります。身体的感覚は前述の通り十人十色なので、決まった答えはありません。最初はサイクルショップや上級者などによく相談し、徐々に見直しをしていきましょう。

ロードバイク

シニア世代が究極の自転車 ロードバイクに乗る時に見る記事

2019年2月1日

ペダルの踏み方の基本

ペダルの踏み方もいろいろな理論、考え方が存在します。しかし、基本はギアを時計に見立てて、ペダルが時計でいう3時のポジションで踏み込む力が最大になるようにすることです。イラストで説明しますと、

ダウンチューブ(自転車のフレームで、前輪の真後ろの斜めになっている下側のパイプ)からペダルが重なるポイント(上図赤エリア)から、グッと力強く踏み込み(加重)、あとは足の荷重をペダルから抜き(抜重)流すような感じになります。

スポンサーリンク


慣れてきたらビンディングペダルへ

ロードバイクに本格的に乗りたいのならば、普通のペダルからビンディングペダルへのステップアップは避けて通れません。最初からチャレンジする人も多いと思います。僕もそうでした。でも、ただでさえロードバイクに乗り慣れてないのに加えて、ビンディングペダルはとても不安感が強く、怖いもの。シニア世代は安全性を考えて最初は普通のペダルで始め、乗り慣れてきたらビンディングペダルにするのもOKです。

ビンディングペダル
スキーの板のように、靴底にクリートと呼ばれる特殊な金具を取り付け、そこにかみ合うような構造を持ったペダルを使って両足をペダルに固定するもの。足をひねれば簡単に外れ、慣れないと停車時に立ちゴケしたり、歩きにくいなどのデメリットはある。しかし、ペダリング効率が上がる、疲れにくくなる、滑らなる等のメリットがあるためロードバイクに乗る人はビンディングペダルを使用する人が圧倒的に多い。慣れちゃえばほどんどデメリットはなく、メリットの方が大きい。

自転車乗りの流派?

自転車の乗り方には他のスポーツと同じように流派が存在します。。単純にペダルを回して自転車を進めるだけのスポーツでもさまざまな考え方が存在します。自転車を始めたばかりの方は、まず自転車雑誌等で勉強するでしょう。現実的にはさまざまな理論主張をしている多くの大先生が存在し、その流派の多さに戸惑ってしまうことが多いでしょう。そこがなかなか難しいところですが、我流で始めない方がいいことは間違いありません。我流で始めると変なクセがつきやすく、直すのに時間がかかり、結局遠回りになります。競輪の世界には昔ながらの師弟制度が存在するように、私たちシニア世代も自分の自転車の師匠あるいはコーチを持つことが自転車上達の早道になるかと思います。

まとめ

自転車は車両なのでクルマが走る車道を走るのが原則。クルマと接触でもしたら大ケガになる可能性もあります。それ以外でも道路は様々な危険をはらんでいるので、シニア世代はまずは安全第一のポジションで始め、乗り慣れてきたら自分用のポジションにどんどん変えていきましょう。ペダリングは何も意識せずにすると、重いギアを低い回転数(ケイデンス*)で(ギアを時計にみたてて)6時過ぎの下死点まで力強く踏み込むママチャリ風の乗り方になりがちです。最初は上級者に見てもらいながら始めると、我流のペダリングになりにくく、早く上達すると思います。また、慣れたら普通のペダルよりメリットの多いビンディングペダルにチャレンジしましょう。では快適なロードバイクライフを!

ケイデンス
自転車において1分間のクランク回転数のこと。 自転車に乗る人がペダルを回す速さを示す。 rpm(回転毎分)を単位として表す。初心者は1分間に70回転が基準。

 

スポンサーリンク