発見が難しい膵臓ガン 膵臓の超音波検査(US)を考える

健康医療

治療が難しい膵臓ガン

そのガッツあるプレーでファンを魅了した星野仙一さんが70歳でお亡くなりになった。人生90年時代と思えば早い旅立ちで、死因膵臓ガンだったらしい。そういえば相撲界の巨星千代の富士も膵臓ガンでお亡くなりなった。

全国がん(成人病)センター協議会で公表されている主なガンの5年生存率は、胃ガン73%、大腸ガン75.8%、肺ガン43.8%、治療が難しいと思われる肝臓ガンさえ34.8%なのに膵臓ガンにいたってはわずか9.2%…この数値から、膵臓ガンは治療でも生命を救い難いがんであり、膵臓ガンはあらゆるガンの中でも生存率が不良であると言われています。

膵臓ガンは発見しにくい

先日星野仙一さんの件でテレビのワイドショーでコメンテイターの医師が膵臓ガンのお話しをしていましたが、ポイントは下記の2点。

自覚症状が出現しにくい

カラダの深部にある。

などからガンが発生しても症状が出現しにくい。そんな膵臓ガンを発見するには超音波検査(US)が一番良いって話していました。

たしかに膵臓ガンが疑われた時に最初に行う画像検査として超音波検査を行います。USは簡便で非侵襲的な検査として,外来診療や検診において非常に有用ですが,腫瘍径の小さい膵ガンや膵尾部の病変を描出することは困難です。通常の職場検診でのUSによる膵臓ガンの異常発見率は約1%ですし,膵ガンの発見率は約0.06%以下といわれています。

(超音波像は僕の膵臓です…)

腹部超音波検査
腹部に超音波を発信して、その反射波(エコー)を利用して画像化する検査です。単にエコーともいい、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓及び骨盤臓器の膀胱、前立腺(男性)、子宮卵巣(女性)を対象に検査する。病院なのではUS(Ulira Sound)ともいうこともあります。病気のスクリーニング(ふるい分け)検査として利用されます。異常が疑われた際は、精密検査として造影CT検査などを受けることが多いです。

スポンサーリンク


なぜ超音波検査では膵臓ガンが発見しづらいのでしょうか⁇

体部は胃や十二指腸との重なりが少ないため比較的観察しやすい部位になります。しかし、超音波は空気で大きく減衰する(空気を通りにくい)という特性がありますので、膵臓ガンの約7割が発生する頭部は胃や十二指腸に囲まれており消化管のガスに視野が妨げられ描出不良になることが度々あります。また尾部に関しては胃のガスでとても見えにくいことが多く、脾臓を窓に観察される場合もありますが、全体的には膵臓全体の描出は難しい臓器となっております。日本膵臓学会の調べでは直径2㎝以下の早期段階でのガン発見率はわずか4.1%とされています。
さらに消化管からのガスの影響だけでなく、患者さんの体格にも影響を受けますので(太っている人は観察しにくい)、比較的観察しや膵体部であっても現場の技師の感覚的ですが10~20%の人は観察が困難な場合があります。たとえ膵臓の一部が見えなくとも検査が終了となる場合もあり、10~20%の人はほとんど膵臓自体がまったく描出できてないことになります。

超音波検査では見づらい臓器であるとともに、上記のコメンテイターのドクターが言っていたように、膵臓ガンは自覚症状が出にくいため、ガンがとても大きくなって手の施しようがない状態で発見されることが多いわけです。

腹部領域の超音波検査は画像検査のファーストチョイスにおいて極めて有用な検査で、多くの病気発見に貢献しています。残念ながら、こと膵臓に関しては以上のように一筋縄にはいかないというわけです。

星野仙一さんのご冥福をお祈りします…

診療放射線技師についても記事を書いてます。

診療放射線技師って?

2018年7月12日

スポンサーリンク