セカンドライフへの戦略

Home

人生100年時代

「人生100年時代」とは、イギリスのロンドンビジネススクール教授リンダ グラットン氏の著書『LIFE SHIFT』で提言した言葉です。2007年に生まれた日本人の子どもの半数は、107歳以上まで生きるといいます。グラットン氏によると人生100年時代が到来すると学ぶ、働く、現役引退後は余生を送るといった今までの人生モデルが通用しなくなります。代わりに年齢にかかわらず新しく勉強して再び働いたり、副業を始める、ボランティア活動する、起業する、など新しい人生設計が必要になるそうです。

90年時代の人生戦略

現実100歳は無理でも、90歳台はザラにいる時代。人の生き方、働き方を大きく変える時代なので定年は人生の通過点に過ぎない。僕の親父の世代のように55歳で定年を迎え、残りの人生はご隠居さんのように遊んで暮らせるほど今は甘くはない。僕の場合65歳から受給される予定の年金だけではギリギリの生活すら厳しいのは容易に想像できます。そうなると豊かなセカンドライフを送るにはサラリーマンとして病院から安定した給料をもらっていた時とは違った知恵が必要となると思います。このような中で人生100年時代を生き抜くためには、一般的な人生設計ではなく自分のセカンドライフに向けての戦略を考えてみました。

スポンサーリンク


 定年後も働く

人生90年、残り30年を豊かに生きるためには「お金」も当然必要。65歳から年金も支給される予定だが、将来年金だけでは不安なことも事実。その一番の解決法はカラダが続く限り働くこと。月並みな言葉だが「生涯現役」で行くことが必然な時代となっていると思います。

好きな事、得意な仕事をする

定年前後に新たな資格を習得してセカンドキャリアに生かす、といった話をよく聞きますね。現実は難しいらしい。通信教育あたりで取った資格で実際に役に立つものは少ないし、なったとしてもそれは稀らしいです。また、人間の集中力のピークは40台前半だと言われており、シニア世代では知力体力も徐々に衰え、新しい技術の習得などが難しくなり。やはり、セカンドキャリアはファーストキャリアで培った経験を生かし、「年の功」を活かせある仕事で活躍するのが良いらしい、です。

僕は「診療放射線技師*」という病院で画像検査を生業としていました。「診療放射線技師」の業務に関してはまた日を改めて説明したいと思いますが、病院勤め36年間色々ありましたが、放射線の仕事を決して嫌いになった事がないし、仕事を辞めたいと思ったことは無かったです。この仕事はまさに神様からのプレゼント、天職だと思っています。中国の思想家 孔子が言ったとされる言葉に「好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ」というのがありますが、僕にとってまさに的を得た言葉だと思っています。裏を返せば、セカンドキャリアでは自分の嫌いなこと、不得意なことはやらない、つもり。自分にとって会議や人事考課などはもういいかな…

診療放射技師
診療放射線技師は、病院や診療所などの医療機関において、医師の指示のもとで主に放射線を用いた検査及び治療業務、これらの業務に必要な機器やシステムの管理を行う、国家資格である。人体に放射線を照射する医療行為を行なえるのは医師、歯科医師及び診療放射線技師のみである。

収入の複収入化を図る

セカンドライフでは本業とは別に複業をもち、収入を積み上げていくのが理想。本業にプラスして何か始める必要があります。

その一つが昨年平屋の家を新築しましたが、その際に平屋メリットを活かして比較的大容量の太陽光パネルを載せたことです。メーカーのシミュレーションだと17.64kwの太陽光発電システムで年間50万円程度発電してくれそうです。

あと銀行にお金を預けてもほとんど利息がつかない超低金利時代、自分の余剰資金でNISA*(少額投資非課税制度)を含めた資産運用を行なっております。昨年から仮想通貨が急騰中、バブル状態を呈しており、興味津々ですが。だだシニア世代はこのようなハイリスクハイリターンで大きな失敗は絶対に許されません。したがって自分の心にグッとブレーキをかけて地味にローリスクローリターンの商品に積立を行なっております。5年しか積みたれができないNISAに関してはローリスクローリターンでは少々物足りないので、ミドルリスクミドルリターンの商品にを鋭意積立中です。

NISA
2014年1月から導入された「少額投資非課税制度」です。NISA口座で購入された上場株式や株式投資信託などの配当金及び売買益等が非課税になる制度

自分をレアカード化する

私は好きで得意な診療放射線技師の仕事の中でも得意なスキルを軸に自分のレアカード化を図り、自分の価値を高めていきたいと思います。

まとめ

以上セカンドライフ向けての戦略を考えてみました。サラリーマン時代と違い、上司にガミガミ怒られることはないうえに、家庭的にも家のローンはなく、子どもも家を離れて女房と愛犬とで気楽になりました。そういってもその時その時で状況は変わるもの。臨機応変に対応し、幸せなセカンドライフにしていきたいと思います。

役職定年ついても記事を書いてます。

役職定年について考える

2018年7月12日

スポンサーリンク