放射線被ばくと健康

健康医療

放射線のイメージは?

 

僕は人体にX線を用いた画像検査や高エネルギーな放射線を照射して治療することを主にする診療放射線技師です。放射線は使い方を間違えるとカラダに影響を与えることもあるため、診療放射線技師には撮影だけでなく放射線被ばくの管理業務も求められます。「被ばく」という言葉自体に抵抗を感じて不安になる方も多いです。

患者さん
こんなに撮影して大丈夫ですか?
撮影業務中このような質問を受けることがあります。特に若い女性の方やお子さんの撮影をする親御さん。当然といえば当然で、なぜなら放射線のイメージは目に見ることができない得体の知れないもの⁈や被ばくするとよくない(ガンになる?)など良くないことばかりです。

一方僕ら診療放射線技師が取り扱う放射線は病気の発見と診断、X線、CTなどを使い体の中を透かしながら病気治療を行うことで、放射線診断技術の治療応用などには欠かせないものとなっております。

病気を治すための被ばくと福島第1原子力発電所の事故とは被ばくする量は全然異なりますが放射線被ばくすることは同じため、「放射線被ばく=怖い」というイメージが定着してしまったような気がします。デメリットだけの放射能汚染とみなさんの健康を守る医療被ばくが同じ土俵で語られるのは放射線を生業としている者として納得できないところであります。

同じ放射線だけど…
医療被ばくと放射能汚染は全く別物

スポンサーリンク


そもそも放射線とはなに?

 

放射線は大きく、二つに分けられ、光やラジオの電波と同じ仲間のX線やガンマ(γ)線のような電磁波(光)と陽子、中性子や 電子等の質量を持つ粒子線があります。一番大きなものは、陽子2つと中性子2 つからなる粒子で、アルファ(α)線と呼びます。また、放射性物質から出る電子をベータ(β) 線と呼びます。X線とガンマ(γ)線は同じ電磁波(光)ですが、簡単に言えば、X線発生装置から 出る電磁波(光)をX線と呼び、放射性物質から出る電磁波(光)をガンマ(γ)線といいます。放射線を出す能力を放射能、放射線を出す物質を放射性物質と言います。よく懐中電灯を例えで説明されます。つまり、放射線は懐中電灯の光、放射能は懐中電灯の光を出す能力、そして放射性物質が懐中電灯そのものです

放射線被ばくとはなに?

放射線はエネルギーをもっており、大小はありますが物を通過する能力をもっております。その放射線が人に「あたる、さらされる」ことを、放射線被ばくといいます。日光[紫外線]にあたることをイメ ージしてください。

放射線の量と障害の関係

広島長崎の原爆被爆者のデータから放射線に少しでも被ばくすればガンのリスクが直線的に増えるという仮定をを用いて推測すると、CT検査1回分相当を受けた場合、千人中300人がガンで死亡する現実のリスクを1人増加(可能性)に過ぎないそうです。放射線被ばくを受けなかったとしても、1万人中約3,000人がガンで死亡しまう現実を見ると何が原因でガンになったかはわかりません。喫煙などの一般の生活環境における要因が原因でガンになることがハッキリしているケースと比べて医療機関での放射線被ばくによるガンリスクは非常に小さいと考えられます。

自然放射線
年間で2.4mSv(ミリシーベルト)  地球に住み続ける以上は避ける事は出来ない
放射線の危険度の程度
■喫煙の健康阻害リスクは余命損失日数の平均値が2208日
■肥満の健康阻害リスクは余命損失日数の平均値は1412日
■自然放射線の健康阻害リスクは余命損失日数の平均値12日
病院、医院などの医療機関で扱う低線量域での放射線被ばくによるガンなどの健康影響は明確になっていない。あってもその可能性は非常に低くく、被ばく=発ガンではない

まとめ

冒頭に患者さんから受けた質問は、その検査に対して十分なインフォームドコンセント*が無かったため、検査に対して心配を募らせてしまった例だと思います。心配な場合はその検査の必要性を医師に確認した上で、必要な検査は受けるようにしたほうが良いと思います。ただ、検査を受けない場合、現在の医療は放射線診断無くして医療は成り立たないと言えるほど重要な位置を占めているので、病気の発見が遅れるリスク(危険度)が生じます。ガンなどの生死につながる可能性がある病気の場合は、検査を受けないリスクは高いと考えられます。放射線検査による医療被ばくは、被ばくによる健康影響のリスクよりも検査を行って病気を発見するというベネフィット(利益)が上回ることのバランスが重要だといわれています。

インフォームドコンセント
医師が患者に対して病状や治療方針を分かりやすく説明し、患者の同意を得ること

 

診療放射線技師についても記事を書いてます。

診療放射線技師って?

2018年7月12日

スポンサーリンク